虚無(読み)きょむ

精選版 日本国語大辞典「虚無」の解説

きょ‐む【虚無】

〘名〙 (古くは「きょぶ」か。→きょぶ)
① 何もなくむなしいこと。空虚であること。空(くう)。皆(かいむ)
※神皇正統記(1339‐43)上「の末を学びて源を明めざれば、ことにのぞみて覚えざる過(あやまち)あり。其源と云ふは、心に一物をたくはへざるを云ふ。しかも虚無の中に留るべからず」
② 心にわだかまりがないこと。何物にもとらわれず虚心であること。
※全九集(1566頃)一「神を養ふとは〈略〉諸事をすてて恬澹虚無にして、真をまったうするをいふなり」 〔荘子‐刻意〕
③ (何もないの意から) はてしなく広がる大空。空中。虚空(こくう)
※文華秀麗集(818)下・江上船〈嵯峨天皇〉「一道長江通千里。漫々流水漾行船。風帆遠没虚無裡。疑是仙査欲上天」 〔司馬相如‐大人賦〕
④ 中国で、老子の説いた説。天地万物の本体は認識を超えた形状のないものであるとする、有無相対を超越した境地。→虚無の学
※史記抄(1477)一一「老子の道徳を散じて、思のままに論じて簡要は、老子の虚無自然に帰したぞ」 〔史記‐太史公自序
⑤ 世の中の真理や価値、また、人間存在そのものを、空虚で無意味なものと考えること。

きょ‐ぶ【虚無】

〘名〙 (「ぶ」は「無」の漢音)
※色葉字類抄(1177‐81)「虚無 キョブ」
※米沢本沙石集(1283)一〇末「礼義等の才覚を習へば、妄心日々にまし、虚無(キョブ)の大道を行へば、妄念日々に損ずと云へり」

こ‐む【虚無】

〘名〙 (「こ」は「虚」の呉音) 仏語。実体としての物がないこと。有無のはからいを越えて、空(くう)であり、真実そのものである無為自然のこと。
※教行信証(1224)五「又解脱者名曰虚无。虚无即是解脱」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「虚無」の解説

きょ‐む【虚無】

何物もなく、むなしいこと。空虚。
この世に存在するすべてのものに価値や意味を認めないこと。「虚無感」
虚心であること。「虚無自在の心」
無限の宇宙。大空。虚空こくう
古代中国の老子の哲学で、万物の根源・本体は、はかりがたく無であるということ。
[類語]虚ろ空しい空虚はかない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「虚無」の解説

【虚無】きよむ

無。道家の原理とする道。否定、無規定的なものを道の実体とする。〔史記、太史公自序〕家は無爲、~其の無を以て本と爲し、因循を以て用と爲す。

字通「虚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android