コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルマニクス・カエサル Germanicus Caesar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルマニクス・カエサル
Germanicus Caesar

[生]前15
[没]後19. アンチオキア
古代ローマの軍人,政治家。アウグスツス帝の血をひき,4年チベリウス帝の養子となる。 12年執政官 (コンスル ) となり,ライン地方軍の司令官として,ゲルマン諸部族と戦うが,決定的勝利を得ず,ローマに戻された。 18年再度執政官となり,就任前にカッパドキアなどの属州を得たが,高官のローマ人に禁じられたエジプトに入り,チベリウス帝の疑いを招いた。シリアで急死し,総督 G.ピソにより毒殺されたとされる。次帝と期待されたため,チベリウス帝の関与も噂された。妻アグリッピナ (大) との間にガイウス・カエサル (カリグラ) 帝,アグリッピナ (小) らの子があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android