ゲーザ2世(読み)ゲーザにせい(英語表記)Géza II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーザ2世
ゲーザにせい
Géza II

[生]1130
[没]1162
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1141~62) 。ベーラ2世の子。トランシルバニア南部にザクセン人を定住させ,同地域の防備体制を完成した。外交面では,バルカン方面へ進出,その結果,バルカン諸国に干渉するビザンチン帝国との戦いに巻込まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android