コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナクレツス2世 アナクレツスにせいAnacletus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナクレツス2世
アナクレツスにせい
Anacletus II

[生]?. ローマ
[没]1138.1.25. ローマ
教皇インノケンチウス2世(在位 1130~43)の対立教皇(在位 1130~38)。本名 Pietro Pierleoni。パリで学んだのちクリュニー修道院で修道士となり,1116年に枢機卿(→カーディナル)に叙任された。教皇ホノリウス2世(在位 1124~30)の死後,枢機卿の大多数がアナクレツス2世を支持したが,少数派はインノケンチウス2世を選出し,教会分裂を招いた。アナクレツス2世は大勢のローマ市民とフランジパニ家の支持を受け,またシチリア王ロジェール2世(在位 1130~54)と手を組んだ。一方,インノケンチウス2世はクレルボー修道院長ベルナルドゥスと神聖ローマ皇帝ロタール2世(3世。在位 1133~37),ビザンチン皇帝ヨハネス2世(在位 1118~43)らの支持を得た。1130年,フランス王ルイ6世(在位 1108~37)がエタンプでの会議を招集し,正統な教皇にインノケンチウス2世が選ばれた。1132年,ロタール2世はイタリアに進軍し,1137年にはロジェール2世が南イタリアから追放され,後ろだてを失ったアナクレツス2世は,この事態を乗り越えられぬまま死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アナクレツス2世の関連キーワードアナスタシウス4世ラテラノ公会議ビクトル4世ルキウス2世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android