コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールパード朝 アールパードちょうÁrpád Dynasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールパード朝
アールパードちょう
Árpád Dynasty

ハンガリーを支配した最初の王朝 (9世紀末~1301) 。ボルガ川中流域の遊牧民の国家から中欧キリスト教大国に飛躍した時代に君臨。始祖アールパードマジャール諸部族を率いて9世紀末パンノニア平原に侵入,侯国を築いた。アールパードの子孫は,マジャールの族長が西ヨーロッパ各地に略奪を繰返していた 10世紀前半は目立った役割を演じなかったが,ドイツ王オットー1世 (大帝) に敗北 (955) 後,実権を握り,神聖ローマ帝国との関係改善に努めた。第5代のイシュトワーン1世 (聖王) はキリスト教を採用して王号を許され (01) ,行政の整備,領土の拡張によって国力を増強。ベーラ3世 (在位 1173~96) にいたって,ハンガリーは中欧の強国となった。しかしその死後封建貴族の勢力が台頭,さらにモンゴル人の侵入 (1241~42) を受けて王権は弱体化した。ベーラ4世 (在位 35~70) の治下に一時回復したが,ラースロー4世 (在位 72~90) の治下に大混乱が起り,アンドラーシュ3世をもって断絶した (1301) 。以後ハンガリーは主として外来王朝によって支配されることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アールパード朝の関連キーワードイシュトワーン1世(聖王)ラースロー1世(聖王)アンドラーシュ2世ハンガリー史エステルゴムセーケイ人ゲーザ2世ベーラ1世東欧史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android