コイトゥラ(英語表記)Lydia Koidula

世界大百科事典 第2版の解説

コイトゥラ【Lydia Koidula】

1843‐86
エストニアの詩人。若くして詩才を発揮し,父の発行する新聞の文芸欄を担当しながら《野の花》(1866),《エマ川の夜鶯》(1867)などの詩集を残している。また国民演劇の母ともいわれ,民族覚醒期(1860‐80年代)の文化運動の先頭にたって国民劇場の創設に尽力,自ら創作し,演出も手がけた。情熱的に祖国愛を歌った詩のいくつかは作曲され,今日でも広くエストニア国民の間で愛唱されている。【菊川 丞】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコイトゥラの言及

【エストニア】より

…フルトJ.Hurtらによるフォークロア収集運動も民族文化の発展に寄与している。ヤンセンの娘コイトゥラは《野の花》(1866),《エマ川の小夜鳴き鳥》(1867)により祖国愛をうたいあげ,エストニア文学に真紅の花を咲かせた。次に詩人リーブJ.Liivは暗い世相を嘆き,ビルテE.Vilde(1865‐1933)は自然主義的小説《寒い国》(1896)を発表した。…

※「コイトゥラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android