菊川(読み)きくがわ

  • きくがわ ‥がは
  • きくがわ〔キクがは〕
  • 菊川(きくかわ)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静岡県西部菊川市北部の旧町域。菊川の中・上流域にある。 1954年堀ノ内町と六郷村,横地村,加茂村,内田村の4村が合体して菊川町が発足。 1955年河城村を編入。 2005年小笠町と合体して菊川市となった。東部牧之原台地,西部は小笠山丘陵,中央に菊川が南流し,やや広い谷底平野をつくっている。古くから開け,弥生遺跡,横穴墓と古墳条里制遺構が残る。中心集落の堀之内は戦国時代は豪族横地氏の居城地。の取り引きが盛んで,特に茶業関連工場が多く,摘採機の生産は全国有数。周辺部はチャ (茶) の栽培のほか米作,温室園芸も行なわれる。
山口県西部,下関市中東部の旧町域。木屋川中流とその支流田部川の合流点に開けた田部盆地一帯を占める。 1955年菊川村,豊東村の2村と内日村の一部が合体して町制。 2005年下関市,豊田町,豊浦町,豊北町の1市3町と合体して下関市となった。菊川は田部川の別称。中心集落の田部は近世市場町として発展した。米作中心の農業を主産業とし,菊川すいかや菊川そうめん,酒,醤油などを特産。菊川温泉がある。北部豊田県立自然公園に属する。
静岡県南西部,掛川市北東,粟ヶ岳 (514m) に発し遠州灘に注ぐ川。全長 29km。小笠山と牧之原台地の間の沖積平野には,条里制遺構をとどめる水田が展開。河口砂丘発達して下流域の排水が不良のため,氾濫をよく起したが,改修が進み,穀倉地帯に変った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

掛川市の粟ケ岳がで、総延長121キロ(本流は28キロ)、流域面積158平方キロの1級河川。洪水被害に苦しんできた流域住民は1921年、全国に先駆けて菊川改修期成同盟会を結成し、国に改修を働きかけてきた。33年、当時の内務省の直轄工事で築堤などの改修が始まったが、その後も流域は洪水に見舞われ、川幅拡大、護岸や排水機場の整備などが進められてきた。

(2008-12-10 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

静岡県中部,掛川市の粟ヶ岳に源をもち,小笠郡大東町で遠州灘に注ぐ川。幹川流路延長28km,全流域面積158km2。上流部には夜泣石で知られる小夜ノ中山,鎌倉時代の宿駅菊川宿(現,金谷町)があり,菊川町堀ノ内より下流は牧ノ原台地と小笠山丘陵との間に沖積地を形成し,水田地帯となっている。下流の平野は河口付近に発達する千浜(ちはま)砂丘で閉塞されているため,軟弱地盤が厚く,盆地状の低湿地をなし,洪水時の湛水が著しかったが改修が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

静岡県南西部の市。南北に菊川が流れる。東部の牧原台地では製茶業が発達。トマト・メロンなどの栽培も盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 静岡県南西部、掛川市東境の粟ケ岳に発し、南流して遠州灘に注ぐ川。
[二] 静岡県南西部の地名。牧ノ原台地の西方、菊川流域にあり、茶の集散地。JR東海道本線、東名高速道路が通じる。平成一七年(二〇〇五)市制。
[三] 静岡県島田市の地名。小夜の中山の東側にあり、中世には東海道の宿駅として繁栄した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊川の関連情報