コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイン・ロッカー

世界大百科事典 第2版の解説

コイン・ロッカー

硬貨(コイン)をロッカーの投入口に入れたのち施錠し,利用者が自由に使用できる手回品用のロッカー。国鉄(現JR)におけるコイン・ロッカーは1953年7月東京駅八重洲口に設置されたのが始まり。当時はロッカールームの係員から鍵を借り,荷物を中に入れて施錠したのち,その鍵を係員に返し預り書を受け取るという方式で,使用料金は1日50円であった。その後ロッカー機器類の進歩に伴い,65年ころから利用者が硬貨をロッカーの投入口に入れたのち施錠し,鍵は自分で保管し他にわずらわされることなく,いつでも自由に利用できる方式に変わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android