コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤノマンネンスギ(高野の万年杉) コウヤノマンネンスギClimacium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤノマンネンスギ(高野の万年杉)
コウヤノマンネンスギ
Climacium japonicum

セン類コウヤノマンネンゴケ科の1種。コウヤノマンネンゴケ,コウヤノマンネングサともいう。深山の林下の腐葉土の上に生じる。地下茎が土中を横走し,ところどころから地上茎が出て直立する。その高さ数 cm,淡褐色の鱗片をかぶる。地上茎の頂部に近く多数の枝を生じ,その上に葉を密生するさまはスギの枝を想起させる。葉は先端近くに鋭い鋸歯縁をもち,またその近くの中肋にも数個の鋭い歯がある。 蒴 (胞子嚢) は枝の下部近くから出た 蒴柄上にでき,細長い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android