コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤノマンネングサ Climacium japonicum Lindb.

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤノマンネングサ【Climacium japonicum Lindb.】

マンネンゴケ科の大型の美しい蘚類。コウヤノマンネンゴケともいう。東アジアに分布し,日本では各地の林床に生育し,まばらな群落をつくる。茎は腐植質の中を長くはい,その先端が急に立ち上がって生長し,高さ5~10cmの地上茎となる。地上茎の上部は湾曲し,しなやかにたわんだ多数の枝を出す。茎の下部の葉は小さく鱗片状,上部の葉は広卵形から披針形。本種は枯死した後いつまでも,再び水に浸せば枝が広がって元の美しい姿にもどるので,万年草という和名が与えられ,この性質を利用して水中花の材料として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤノマンネングサ

コウヤノマンネンスギ(高野の万年杉)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コウヤノマンネングサの関連キーワード富士の万年草高野万年苔

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android