コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤノマンネングサ Climacium japonicum Lindb.

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤノマンネングサ【Climacium japonicum Lindb.】

マンネンゴケ科の大型の美しい蘚類。コウヤノマンネンゴケともいう。東アジアに分布し,日本では各地の林床に生育し,まばらな群落をつくる。茎は腐植質の中を長くはい,その先端が急に立ち上がって生長し,高さ5~10cmの地上茎となる。地上茎の上部は湾曲し,しなやかにたわんだ多数の枝を出す。茎の下部の葉は小さく鱗片状,上部の葉は広卵形から披針形。本種は枯死した後いつまでも,再び水に浸せば枝が広がって元の美しい姿にもどるので,万年草という和名が与えられ,この性質を利用して水中花の材料として用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コウヤノマンネングサの関連キーワード富士の万年草高野万年苔

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android