コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤノマンネングサ コウヤノマンネングサ

2件 の用語解説(コウヤノマンネングサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤノマンネングサ
コウヤノマンネングサ

「コウヤノマンネンスギ (高野の万年杉)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コウヤノマンネングサ【Climacium japonicum Lindb.】

マンネンゴケ科の大型の美しい蘚類。コウヤノマンネンゴケともいう。東アジアに分布し,日本では各地の林床に生育し,まばらな群落をつくる。茎は腐植質の中を長くはい,その先端が急に立ち上がって生長し,高さ5~10cmの地上茎となる。地上茎の上部は湾曲し,しなやかにたわんだ多数の枝を出す。茎の下部の葉は小さく鱗片状,上部の葉は広卵形から披針形。本種は枯死した後いつまでも,再び水に浸せば枝が広がって元の美しい姿にもどるので,万年草という和名が与えられ,この性質を利用して水中花の材料として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コウヤノマンネングサの関連キーワードコウヤノマンネンゴケ万年草万年茸大杉蘚銀蘚高野の万年蘚マンネンタケオオカサゴケタマゴケヒノキゴケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone