コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腐葉土 フヨウド

デジタル大辞泉の解説

ふよう‐ど〔フエフ‐〕【腐葉土】

落ち葉が堆積し腐った土。養分水分地温を保ち、排水がよい。園芸に利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふようど【腐葉土 leaf mold】

クヌギ,カシなどの広葉樹落葉に少量の窒素肥料(石灰窒素尿素など)を水に溶かした液を散布して堆積し,微生物の働きによって発酵,分解させたもの。広葉樹の落葉の代りにわらを用いることもできるが,わらは石灰含量が少ないので,窒素のほかに石灰水を散布しないと良質の腐葉土ができない。土壌に混ぜると通気性がよくなるので,鉢栽培で用いる土壌(培養土)や育苗用の土壌(床土)を作る場合に材料の一つとして利用することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふようど【腐葉土】

落ち葉が積もって腐った土。養分に富み、空気の流通・排水が良いので園芸に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腐葉土
ふようど

落葉や小枝が堆積(たいせき)し腐植したもの。腐葉土には、自然に堆積し腐熟したものと、落葉を人為的に集めて堆積し腐熟させたものとがある。園芸植物の栽培用土として混合または単用で利用する。腐葉土は養分(肥料分)や水分の保蓄力が高く、地力維持、固結の軽減、排水の補助、地温の確保などに効果があり、有機質補給材とともに土壌改良に役だつ。そのほか、甲虫類の幼虫飼育にも利用される。[堀 保男]

作り方

針葉樹や水分の多い落葉を除いた常緑樹(5~6月)、落葉樹(11月)の落葉を集めて堆積し発酵させる。堆積には穴を掘って埋める方法と、囲いをつくってその中に堆積する方法とがある。約1年で製品になるが、早期に発酵腐熟させるには堆積のとき発熱補助に米糠(こめぬか)や窒素肥料を混合する。しかし完熟したものでないと使用時に根を傷めることがある。カシ類、ナラ、クヌギ、ケヤキなどの落葉が良質の腐葉土となる。成分は窒素1%、リン0.2%、カリウム0.1%内外である。[堀 保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

腐葉土の関連キーワードコウヤノマンネンスギ(高野の万年杉)努・土・奴・度・弩・怒・駑ストレプトカーパスハナムグリ(花潜)植木(園芸樹木)スパティフィラムブーゲンビレア多孔質栽培用土ハイビスカスツムギヤスデユウゼンギクアジアンタムフクジュソウシンゴニウムグロキシニアイチヤクソウビカクシダクンシラン茸・蕈・菌シザンサス

腐葉土の関連情報