コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コグール Cogul

世界大百科事典 第2版の解説

コグール【Cogul】

スペイン,カタルニャ地方レリダ県にある中石器時代のレバント美術遺跡。1908年に発見。1人の裸の男を中心につり鐘形のスカートをはいた9人の女たちが輪舞する彩画は,宗教儀礼をあらわすものと考えられる。ほかに牛,鹿などの彩画も見られる。彩色は赤および黒。レバント絵画全般と同様に寸法は小さく,動物像は50cm,人物像は30cm以下。【木村 重信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android