コケオトギリ(苔弟切)(読み)コケオトギリ(英語表記)Hypericum laxum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コケオトギリ(苔弟切)
コケオトギリ
Hypericum laxum

オトギリソウ科の多年草で,アジア東部に分布する。日本各地の原野のやや湿った場所によくみられる。は細く,直立または斜生し,高さ5~10cmになり,基部は横臥してコケのように広がる。枝端に花を生じると,上部の葉の葉腋から新分枝を出す。葉は対生し,長さ 1cm足らずの楕円形で基部は茎を抱く。花は小さく,径7~8mmの黄色の5弁で,花弁より短い多数のおしべがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android