コケ(読み)こけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コケ
こけ

一般的には、小形の植物を総称する場合と、コケ植物を特定してよぶ場合とがある。小形の植物の総称として使われる場合は、種子植物のコケモモ、サギゴケなどのように高さ数センチメートルのもの、あるいはシダ植物のコケシノブ、マメヅタなどのほか、地衣類およびクロレラなどの藻類をさしている。『古事記』などに出てくる「木毛」あるいは「蘿」はそれぞれ「こけ」と読み、小形の植物の意である。コケ植物をさす「」あるいは「蘚」がコケにあてられたのはずっとあとの、江戸中期になってからである。コケ植物を特定してコケというのは、ゼニゴケやスギゴケの仲間の植物をさしているが、形態的に類似した地衣類も含まれることがある。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コケの関連情報