コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココ川 ココがわRío Coco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココ川
ココがわ
Río Coco

ホンジュラスとニカラグアの国境をなす川。ホンジュラス南部に源を発し,ニカラグアを東流,北流したのち,北東へ流れを変える地点から国境となり,北東流,東流してカリブ海に注ぐ。全長約 500km。経済的価値はあまり大きくないが,下流約 200kmが航行可能で,カリブ海沿岸低地の密林から切出される木材の流送に利用されている。沿岸では砂金の採取も行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ココ川の関連キーワードエステリオコタルソモト

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android