コダイカナル(読み)こだいかなる(英語表記)Kodaikanal

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コダイカナル
こだいかなる
Kodaikanal

インド南部、タミル・ナド州南西部の町。ケララ州境に近い、パルニ山地の頂上の標高2505メートルに位置する。人口3万2931(2001)。北緯10度10分にあり、雨量が1664ミリメートルと多く、うっそうとしたチーク林が広がり、トラ、ヤギュウなど動物相も豊富である。1899年に太陽観測所が設けられて有名になり、避暑地でもある。北方にコッカライ滝がある。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

コダイカナル(Kodaikanal)

インド南部、タミルナドゥ州の町。西ガーツ山脈から東に延びるパルニ山地の標高約2500メートルに位置する。同国では珍しく、米国の宣教師らによって1845年に開かれた。現在は高級山岳保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android