コツマルワパ文化(読み)こつまるわぱぶんか(英語表記)Cotzmalhuapa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コツマルワパ文化
こつまるわぱぶんか
Cotzmalhuapa

紀元前一千年紀に、グアテマラ南部高原サンタ・ルシア・コツマルワパを中心とした狭い地域で栄えた文化。マヤ地帯と近接しながら、それとは違う様式の彫刻が多数残されている。石彫の多くは浅浮彫りの碑石であり、生贄(いけにえ)の首を太陽に捧(ささ)げる球戯者、人間を食べるワシ、骸骨(がいこつ)などが表現されるが、カカオがしばしば彫刻の主題に選ばれていることから、その栽培の豊穣(ほうじょう)を祈るために宗教儀礼が行われていたと推定され、しかもカカオが古代メソアメリカの交易における通貨の役割を果たしていたことから推して、商業と深い関係のある民族がこの文化の主人公であったと考えられる。球戯儀礼に関連した観念および装飾は、この文化が、メキシコ湾岸のベラクルス地方に栄えたエル・タヒンなどの諸文化に源をもつことを示すと考える学者もいる。コツマルワパ文化は紀元後10世紀までには衰亡している。[増田義郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android