コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトパクシ[山] コトパクシ

2件 の用語解説(コトパクシ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コトパクシ[山]【コトパクシ】

南米,エクアドル,東アンデス山脈中の火山。コトパヒとも。世界最高の活火山で,標高5911m。キト南方55kmの高原上にあり,比高3000mの成層火山で,常時噴煙が見られ,氷雪におおわれる。
→関連項目エクアドル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コトパクシ[山]【Volcán Cotopaxi】

エクアドルの首都キトの南約50km(南緯0゜40′,西経78゜27′)にある中央アンデス山脈中の高原上に位置する円錐形の活火山。標高5896mで,世界最高の活火山。常時噴煙が見られ,19世紀には大噴火による被害もでている。山頂部から1000mも下まで氷河に覆われている。1872年ライスW.ReissとエスコバルA.M.Escobarにより初登はんされたが,80年ウィンパーE.Whymperもこの山を訪れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コトパクシ[山]の関連キーワードアドルノエクアドルキトグアヤキルインカ南緯カンガグアアヴェニダキト市街サンタ-アナ-デ-ロス-リオス-クエンカの歴史地区

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone