コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コドク コドク Kodok

3件 の用語解説(コドクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コドク(Kodok)

スーダン北東部の都市。旧称ファショダ白ナイル沿いに位置する。古くはシルック民族の王都。1898年、英国軍とフランス軍が衝突したファショダ事件の地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コドク

クドゥークとも。スーダン南東部,ハルツーム南方約600km,白ナイル左岸の町。商業の中心地。1905年までファショダと呼ばれ,1898年のファショダ事件で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コドク
こどく
Kodok

アフリカ北東部、南スーダン北東部の白ナイル川沿いにある都市。旧名をファショダFashodaといい、1898年フランス、イギリス両軍が衝突したファショダ事件の起こった場所として知られる。周辺は遊牧民シルック人の居住地域である。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コドクの関連キーワードザルカスーダンファショダ事件南スーダン国際連合南スーダン派遣団スーダの塔蘇丹バザルジク南スーダンPKOスーダン共和国

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コドクの関連情報