コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コドク Kodok

百科事典マイペディアの解説

コドク

クドゥークとも。スーダン南東部,ハルツーム南方約600km,白ナイル左岸の町。商業の中心地。1905年までファショダと呼ばれ,1898年のファショダ事件で有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コドク
こどく
Kodok

アフリカ北東部、南スーダン北東部の白ナイル川沿いにある都市。旧名をファショダFashodaといい、1898年フランス、イギリス両軍が衝突したファショダ事件の起こった場所として知られる。周辺は遊牧民シルック人の居住地域である。[端 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コドクの関連キーワードジェームズ パターソンアフリカ横断政策田鍋謙一郎ドクトカゲマラカールRing大川敦司及川健毒蜥蜴信行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android