コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コパールノキ Agathis alba; dammar tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コパールノキ
Agathis alba; dammar tree

ナンヨウスギ科の常緑大高木で,樹高 45m,幹の直径 4mにも達し,ナギに似た扁平な葉を対生する。このためナンヨウナギ属の和名もある。フィリピン,マレー,インドシナ半島などの原産。雌雄異株。雄花は螺旋状に配列した多数のおしべから成り,雌花は球形,球果もほぼ球形で長さ 9cmぐらい,直径5~7cm,翼のある種子は長さ 12mmほど。樹皮を傷つけてとれる樹脂がマニラコパールで,塗料やエナメルの原料に用いられる。材は黄白色から黄白褐色で,重く堅いが加工は容易で,また耐久力が強いため建築材,家具材,器具材などに使用される。一名ダンマルジュ。なお同属の別種にカウリマツ A. australisがある。ニュージーランド,ニューギニア,オーストラリアに産し,材をカウリ材と呼んで建築材や工芸材とし,また樹脂を同じくコパール (カウリコパール) と呼んで塗料などに用いる。特に地中に埋もれた樹脂 (化石樹脂) は透明でカウリガムと呼ばれコハクの代用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コパールノキの関連キーワードアガチス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android