こはく(英語表記)amber

日本大百科全書(ニッポニカ)「こはく」の解説

こはく
こはく / 琥珀
amber

コハク酸主成分とする非晶質の有機鉱物地質時代樹脂化石である。研摩して飾り石として用いられ、昆虫の入ったものは「虫入りこはく」としてとくに珍重される。日本では岩手県久慈(くじ)市などで堆積(たいせき)岩中に産することが知られている。

[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「こはく」の解説

こはく
コハク
amber, succinite

地質時代の松柏科樹の化石.果実虫類の化石を含むこともある.主成分はコハク酸エステル.硬度2~2.5で,透明または半透明をしており,黄色の光沢がある.エタノールエーテルに微溶.優良品は装飾用として,下等品は塗料原料,絶縁材として使用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

普及版 字通「こはく」の解説

白】こはく

白い裘。〔礼記玉藻〕君、白裘を(き)るときは、錦衣以て之れを裼(せき)(表衣)す。

字通」の項目を見る

【鼓】こはく

つづみと鐘。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android