コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビトワニ コビトワニOsteolaemus tetraspis; dwarf crocodile

2件 の用語解説(コビトワニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビトワニ
コビトワニ
Osteolaemus tetraspis; dwarf crocodile

ワニ目クロコダイル科。体長 1.5m内外。体は茶褐色。吻は短く,眼は比較的大きい。性質はおとなしい。魚類,水辺の小動物などを捕食する。アフリカ西部を中心に分布し,2亜種に区分されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コビトワニ
こびとわに
dwarf crocodilebrood-nosed crocodile
[学]Osteolaemus tetraspis

爬虫(はちゅう)綱ワニ目クロコダイル科のワニ。この科では最小で原始的な種である。西アフリカに分布し、吻部(ふんぶ)の形状や頭骨の構造の違いで、ニシアフリカコビトワニO. t. tetraspisとコンゴコビトワニO. t. osborniの2亜種に分けられる。全長1~1.5メートル、最大でも2メートル足らずの小形で、吻部は幅広く短い。南アメリカ産のブラジルカイマン属Paleosuchusと類似するが、系統的に類縁関係はなく、生態も異なる。性質は温和で、他種よりも陸生傾向が強く、水系からかなり離れた場所にもすむ。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコビトワニの言及

【クロコダイル】より

…5属が含まれる。西アフリカ産の原始的なワニとされるコビトワニOsteolaemus tetraspisは,全長2m足らずの小型でおとなしいが,それ以外はすべて大型で性質が荒い。吻(ふん)部が長く,その長さは基部の幅の3~4.5倍もあって歯の数も多いインド・パキスタン産のガビアルGavialis gangeticus(イラスト)は,1属1種の特異なワニで,全長4~6m。…

※「コビトワニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone