コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペンハーゲンの市庁舎 コペンハーゲンのしちょうしゃ

世界の観光地名がわかる事典の解説

コペンハーゲンのしちょうしゃ【コペンハーゲンの市庁舎】

デンマークの首都コペンハーゲン、歩行者天国の目抜き通りストロイエ(Stroget)の起点にある赤いレンガの建物。中世のデンマーク様式と北イタリアのルネサンス様式を取り入れた建物で、1905年に完成した。この建物には高さ106mの時計塔があり、300年で0.4秒の誤差しか生じないという精密な天文時計が時を刻んでいる。この時計塔の高さ70mのところにある展望台に300段の階段を使って登ることができる。市庁舎前の広場からコンゲンスニュートー広場までストロイエの通りが延びている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android