コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペンハーゲンの市庁舎 コペンハーゲンのしちょうしゃ

1件 の用語解説(コペンハーゲンの市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コペンハーゲンのしちょうしゃ【コペンハーゲンの市庁舎】

デンマークの首都コペンハーゲン歩行者天国目抜き通りストロイエ(Stroget)の起点にある赤いレンガの建物。中世のデンマーク様式と北イタリアルネサンス様式を取り入れた建物で、1905年に完成した。この建物には高さ106mの時計塔があり、300年で0.4秒の誤差しか生じないという精密な天文時計が時を刻んでいる。この時計塔の高さ70mのところにある展望台に300段の階段を使って登ることができる。市庁舎前の広場からコンゲンスニュートー広場までストロイエの通りが延びている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コペンハーゲンの市庁舎の関連キーワードクーラウコペンハーゲンコペンハーゲン学派シェラン島コペンハーゲンブルーストロイエスロッツホルメンコンチェルト・コペンハーゲンフライト・トゥ・デンマークコペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コペンハーゲンの市庁舎の関連情報