歩行者天国(読み)ホコウシャテンゴク

百科事典マイペディアの解説

歩行者天国【ほこうしゃてんごく】

道路の一画から自動車を締め出し,一定時間歩行者の自由を認める制度または場所。ニューヨークで初めて行われた。1970年8月,東京の銀座,新宿などの繁華街で実施され,以後各地で行われるようになった。俗称ホコテン。一般人による歌,踊りなどの発表の場ともなり,若者文化の発信源として竹の子族などのファッション・風俗を生んだ。交通渋滞・騒音などにより廃止されたものもある。
→関連項目竹の子族

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほこうしゃ‐てんごく ホカウシャ‥【歩行者天国】

〘名〙 車道の一区画に自動車の乗入れを禁じ、一定時間歩行者だけに開放する制度。また、その場所。
※自動車よ驕るなかれ(1970)〈富山和子〉自動車が埋葬される日「『歩行者天国』は、つかの間の歩行者解放にすぎなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報