コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマチグモ コマチグモ

2件 の用語解説(コマチグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマチグモ
コマチグモ

カバキコマチグモ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマチグモ
こまちぐも / 小町蜘蛛

節足動物門クモ形綱真正クモ目フクログモ科のコマチグモChiracanthiumのクモの総称。体長8~14ミリメートル、一般に体は淡黄色ないし黄褐色のクモで、鋭い牙(きば)をもつ上顎(じょうがく)の黒色部が目だつ。木や草の葉を巻いて住居をつくり、雌では産室ともなる。日本には5種ほど知られているが、なかでもカバキコマチグモはその毒性と母性愛で有名である。かまれると毒性は致命的ではないが、体質によっては疼痛(とうつう)がおこるなど症状のひどい場合がある。雌はススキの葉を巻いてその中に卵を産む。卵から孵化(ふか)した子グモは、第1回の脱皮を終えると、群がって母グモの体を食い尽くす。
 このほか、広葉樹の葉を巻くアシナガコマチグモ、ササやアシの葉を巻くヤマトコマチグモやヤサコマチグモが広く分布し、北海道には腹部に赤い筋(すじ)のあるアカスジコマチグモがいる。コマチグモ類の天敵はツツベッコウバチの仲間で、クモの体に卵を産み付ける。なお、コマチの名は「子待ち」ではなく、美しいクモということで、小野小町(おののこまち)に由来してコマチグモと名づけられた。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone