コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミックマーケット こみっくまーけっと

4件 の用語解説(コミックマーケットの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

コミックマーケット

コミケ」の通称で知られる、世界最大規模の同人誌展示即売会。近年は、毎年8月と12月に東京国際展示場で開催されている。主催はコミックマーケット準備委員会。1975年に始まり、80年代に「キャプテン翼」(集英社)の登場人物たちを題材にしたパロディーマンガが女性たちに人気を博し、同性愛的な場面を描くいわゆる「やおい」「ボーイズラブ(BL)」マンガのブームを作っていった。人気同人誌は商業誌以上の高効率で利益を生み、「プロ同人誌作家」と呼ばれる人々も少なからず輩出した。また、CLAMP、高河ゆんらは、コミケが生んだ人気作家といえる。2007年の夏の開催は3日間で、参加サークル数約3万5000、参加者は延べ55万人に上った。コミケはマンガやアニメだけでなく、アイドルファン同人誌からゴスロリ衣装や手作り工芸品まで、現代日本のサブカルチャーを総覧できる熱気に満ちたファンの祭典となっている。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コミック‐マーケット(comic market)

漫画同人誌の大規模な展示即売会。毎年8月と12月に東京で開催される。第1回は昭和50年(1975)開催。コミケット。コミケ。
[補説]「コミックマーケット」「コミケット」「コミケ」は、有限会社コミケットの商標。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

コミックマーケット【comic market】

マンガ同人誌などの大規模な即売会。コミケ。コミケット。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミックマーケット
こみっくまーけっと

日本最大の漫画同人誌展示即売会。コミケット、コミケと略す。近年は、毎年8月(夏コミ)と12月(冬コミ)の年2回、3日間の会期で東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される。漫画、アニメーションゲームおよび関連分野を中心に、同好会や出版社、ゲームメーカーなどの企業が参加し、会期中には会場の内外で講演会や握手会などが催される。また、漫画やアニメーションのキャラクターなどに仮装したコスプレイヤーが大勢集まることでも知られる。プロの作家も参加しており、人気同人作家がプロに転向することも多いことから、商業的にも注目を集めている。
 初回の開催は1975年(昭和50)で、出展者数32、来場者700人程度のイベントであった。回を重ねるごとに参加者が増え、広く認知されるイベントとなった。2012年(平成24)12月に開かれたコミックマーケット83では、参加申込サークル数5万1000、参加サークル数3万5000、出展企業130あまり、3日間の会期中の来場者数は、のべ55万人であった。コミックマーケット準備会の主催で、名称の「コミックマーケット」やその略称は有限会社コミケットの登録商標である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コミックマーケットの関連情報