同好会(読み)ドウコウカイ

大辞林 第三版の解説

どうこうかい【同好会】

同好の者の集まり。
学生のサークル活動などで、クラブが学校や自治会の公認のものであるのに対し、私的に同好の者が集まって行われるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の同好会の言及

【クラブ活動】より

…そうなった背後には,クラブ承認基準の保守性,クラブ活動に対する学校当局の介入,顧問,先輩,上級生のクラブ支配,勝敗第一主義のクラブ運営などが,クラブ活動の教育的価値の実現を妨げているという問題も伏在している。このために,同好の活動がクラブ昇格を求めず,非公認のサークル・同好会活動や,地下組織的な活動にとどまるという傾向もみせている。 なお,69年,70年の学習指導要領において,文部省は週1回のクラブ活動の全員必修制を指示して以来,この用語は必修制のそれのみを指すものとなり,教育課程外の同種の活動は部活動と呼ばれるようになった。…

※「同好会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

同好会の関連情報