初回(読み)しょかい

精選版 日本国語大辞典「初回」の解説

しょ‐かい ‥クヮイ【初回】

〘名〙 最。第一回。〔広益熟字典(1874)〕
※巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫〉三越名人会「幕があくと〈略〉哥沢芝金が〝玉川〟や〝松竹梅〟をうたう。松竹梅は、その初回が正月だからである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android