コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミラ Comilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミラ
Comilla

バングラデシュ東部,チッタゴン州の都市。ダッカ南東約 80km,メグナ川支流のグムティ川南岸に位置。かつてはトリプラ藩王国に属した。皮革,米,ジュートサトウキビ,タバコなどの集散地であるほか,マッチ,ジュート加工の工場,綿織物,木工,竹籠製造などの家内工業がある。近郊のマイナマティに仏教寺院,僧院などの遺跡,博物館,仏教大学などがある。インド国境から 10kmにあり,第2次世界大戦中は重要な軍事拠点であった。人口 14万 3282 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコミラの言及

【ニラ(韮)】より

…ユリ科の宿根多年草。別名フタモジ,古名をミラ,コミラともいう。東部アジアの原産といわれ,東洋的な野菜で欧米での栽培はない。…

※「コミラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コミラの関連キーワードモハメッド・アルシャド ウッラマイナマティ遺跡バングラデシュバーダル ロイチャンドプル加藤明日美田中いちえ小野さゆりニラ(韮)MINAE津乃村真子浜口順子神谷涼太加藤夏希出村美苗安藤亮司村上大樹ココリコ島綾佑岡田薫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android