コメルシオ広場(読み)コメルシオヒロバ

デジタル大辞泉の解説

コメルシオ‐ひろば【コメルシオ広場】

Praça do Comércio》ポルトガルの首都リスボンの中央部にある広場。バイシャポンバリーナ地区にあり、テジョ川に面する。マヌエル1世が建てたリベイラ宮殿があったため、テレイロ‐ド‐パソ(宮殿広場)とも呼ばれる。1755年の大地震により宮殿は周囲の貿易関係の建物とともに破壊され、ポルトガル王ジョゼ1世の宰相ポンバル侯爵により広場として整備された。中央に彫刻家ジョアキン=マシャド=デ=カステロによるジョゼ1世の騎馬像がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android