コモディティー・フロー法(読み)コモディティー・フローほう(英語表記)commodity flow method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品の生産統計から出発し,各流通段階ごとに運賃および商業マージンを加算しながら各段階の需要 (中間消費および各最終需要項目) を推計する方法をいう。これは日本の新国民経済計算体系 (新 SNA) 推計の基幹的推計方法として採用されており,2178商品別に生産から各段階の需要の推計が行われている。新 SNAの中心となるのは国民所得勘定産業連関表であるが,コモディティー・フロー法は国民所得勘定と産業連関をつなぐために必要な推計方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android