コラニ(英語表記)Madeleine Colani

世界大百科事典 第2版の解説

コラニ【Madeleine Colani】

1866‐1943
インドシナ考古学を開拓したフランスの女流考古学者。ストラスブールの生れ。1915‐27年インドシナ地質調査局調査員。27年からフランス極東学院研究員となる。彼女の活動分野は初め古生物学であったが,考古学に転じ,1923年以来,H.マンシュイの指導を受けて遺跡発掘調査従事,26年よりベトナムのホアビン,ニンビン,ハナムの諸省の山塊を踏査し,33ヵ所の洞窟遺跡を発見,打製石器を中心としたホアビン文化の存在を明らかにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコラニの言及

【太陽】より

…(2)の型は古代エジプトにもあったが,東アジア,東南アジアでは金属器時代に盛んになったものらしい。例えばベトナムの青銅器時代から初期鉄器時代のドンソン遺跡の古式銅鼓における上部表面中央の星形は太陽を表し,周囲の人物や動物も太陽と同じ方向に回って,それぞれ太陽またはその属性を表し,銅鼓の側面に表された舟は,太陽を乗せた舟であるというコラニM.Colaniの説がある。日本でも,松本信広によれば福岡県珍敷塚(めずらしづか)古墳の壁画に描かれた舟は太陽の舟であるとされる。…

【ホアビン文化】より

…インドシナ半島を中心に,中国南部から島嶼(とうしよ)部に広がる石器時代文化。ベトナム北部,ハノイ南西のホアビンHoa Binh地方の石灰岩洞窟多数を,1926‐29年にフランスの考古学者コラニM.Colani(1866‐1943)が調査し,その出土品によって命名された。石器加工技術は旧石器的であるが,沖積世になっての産物とされ,中石器時代または新石器時代初期と考えられることが多い。…

【太陽】より

…(2)の型は古代エジプトにもあったが,東アジア,東南アジアでは金属器時代に盛んになったものらしい。例えばベトナムの青銅器時代から初期鉄器時代のドンソン遺跡の古式銅鼓における上部表面中央の星形は太陽を表し,周囲の人物や動物も太陽と同じ方向に回って,それぞれ太陽またはその属性を表し,銅鼓の側面に表された舟は,太陽を乗せた舟であるというコラニM.Colaniの説がある。日本でも,松本信広によれば福岡県珍敷塚(めずらしづか)古墳の壁画に描かれた舟は太陽の舟であるとされる。…

【ホアビン文化】より

…インドシナ半島を中心に,中国南部から島嶼(とうしよ)部に広がる石器時代文化。ベトナム北部,ハノイ南西のホアビンHoa Binh地方の石灰岩洞窟多数を,1926‐29年にフランスの考古学者コラニM.Colani(1866‐1943)が調査し,その出土品によって命名された。石器加工技術は旧石器的であるが,沖積世になっての産物とされ,中石器時代または新石器時代初期と考えられることが多い。…

※「コラニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android