コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリントス運河 コリントスウンガ

2件 の用語解説(コリントス運河の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コリントス‐うんが【コリントス運河】

Dioriga KorinthouΔιώρυγα Κορίνθου》⇒コリント運河

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

コリントスうんが【コリントス運河】

ギリシアのペロポネソス半島の付け根、同国本土と同半島を隔てる位置にある運河。サロニコス湾とコリントス湾を結んでいる。1893年にフランスの国策民営会社が建設した、全長6343m、幅23mの運河で、ギリシア南部とイオニア海を経由してイタリアを結ぶ重要な航路として、今日も利用されている。両岸は切り立った断崖になっていて、幅の狭い運河を通る船を橋の上から眺めることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコリントス運河の言及

【コリントス】より

…また背後に天然の要害アクロ・コリントスを有していたので,戦略地点としても重要視されてきた。なお,コリントス,サロニカ両湾を結ぶ運河の開削は古代から試みられてきたが,1881‐93年に全長6.4kmのコリントス運河が建設された。
[歴史]
 ホメロスの《イーリアス》ではエフュラ(監視塔の意)とも呼ばれたが,その名称が指すと思われるアクロ・コリントスには,前5千年紀(新石器時代)から人が住んだ痕跡が見られ,周辺一帯からミュケナイ時代の陶器が発掘されている。…

※「コリントス運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コリントス運河の関連キーワードアカイアスパルタミストラΚόρινθοςΠελόπιονΠόρος

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone