コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルバイ Corvey

世界大百科事典 第2版の解説

コルバイ【Corvey】

ドイツ北部,ノルトライン・ウェストファーレン州ヘクスターHöxterに隣接した町。ハノーファーの南西約60kmに位置する。ザクセン地方の布教のためにルートウィヒ1世(敬虔王)により823年に創設された旧ベネディクト会修道院の所在地。この修道院が北フランスのコルビーCorbieの修道士たち(コルビー修道院)により営まれたため,〈コルベイア・ノウァ〉と呼ばれた。844年に献堂された3廊式の教会は,三十年戦争で破壊され,バロック教会に建てかえられたが,873‐885年に増築された西構え(ウェストウェルク)は大部分がカロリング朝のもとの形をとどめ,美術史上重要な遺構である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコルバイの言及

【カロリング朝美術】より

…この西端部の複雑な造りは西構え(ウェストウェルクWestwerk)とよばれ,中世の教会堂に典型的な二つの塔をもつ正面を生み出すもととなった。フルダ修道院教会(780献堂),外観を写した17世紀の版画で知られるサン・リキエSaint‐Riquier(ケントゥーラCentulla)の修道院教会(774献堂),コルバイの修道院教会(873‐885)などはその例である。また聖遺物崇拝が盛んになったため,それを納める祭室下部のクリプタ(地下祭室)は大規模なものに発展した。…

【コルビー修道院】より

…修道院長アダラルドゥスAdalardusは,宮廷の政治的中心人物であったが,彼の時代にこの修道院は修道士300,使用人150(822年)を数えた。ルートウィヒ1世の命により,この修道院はドイツ西部,ウェストファーレンに〈コルベイア・ノウァCorbeia nova〉すなわちコルバイを建設し,母修道院と同じくアダラルドゥスを初代修道院長とした。コルビー修道院は17世紀にサン・モール会Congrégation de Saint‐Maurに入り,周辺村落とともに城砦化したが,1636年スペイン軍が占領し,73年ルイ14世はこの防御を解いた。…

※「コルバイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルバイの関連キーワードホフマン・フォン・ファラースレーベンホフマン・フォン・ファレルスレーベンウィドゥキント・フォン・コルバイノルトライン・ウェストファーレンカロリング朝ルネサンス世界のおもな局地風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android