コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレギア・ピエタティス コレギア・ピエタティスCollegia pietatis

1件 の用語解説(コレギア・ピエタティスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレギア・ピエタティス
Collegia pietatis

フランクフルトアムマインのルター派牧師フィリップ・ヤーコプ・シュペーナーが 1666年頃から自宅で始めた祈りと聖書研究のための集会。信徒の個人的・霊的成熟を強調。教科書中心の正統主義からは受入れられなかったが,pietismすなわち敬虔主義運動 (→敬虔派 ) の源泉となった。名称は「敬虔 pietasの集い」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコレギア・ピエタティスの言及

【シュペーナー】より

…このとき以来カルビニズム的理念に親しんだことは,自身はルター派にとどまったが,その教派をこえた実践的キリスト教確立の念願に結実する。フランクフルト・アム・マインでの牧師の間に〈コレギア・ピエタティスcollegia pietatis(敬虔の集い)〉を開く(1670)。のちドレスデンの宮廷牧師,さらにベルリンに移り同地で没する。…

※「コレギア・ピエタティス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone