コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬虔派 けいけんはPietism

翻訳|Pietism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敬虔派
けいけんは
Pietism

敬虔の実践を重視するプロテスタントの宗派。この語は,A.フランケがつくった聖書集会 collegia biblicaに関するライプチヒ大学での論争 (1689) で,相手側がそしるために用いたものである。敬虔派運動自体は 17世紀初頭のイギリスにすでにあり,したがって,イギリス,オランダドイツ南西部での宗教改革上の敬虔主義と,ドイツに限られるルター派の敬虔派とは明確に区別されねばならない。この派の主唱者と目され,敬虔主義の綱領ともいうべき『敬虔な願望』 Pia desideria (75) を出し,敬虔集会 collegia pietatisを創立し,この派では最も保守的な P.シュペーナーや,初めは彼のもとにいたが,その行動への姿勢から袂を分ったフランケ,神秘主義的傾向が強く,モラビア兄弟団をつくった N.ツィンツェンドルフ,急進的な G.アルノルトらがそれぞれ流れをつくっている。その教理思想の軽視,宗教体験,実践の重視は,行過ぎて一般の人に広がるまでにはいたらなかったが,精神主義個人主義は,カント,F.シュライエルマッハーらに深い影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone