コレシストキニンパンクレオザイミン(英語表記)cholecystokinin-pancreozymin

デジタル大辞泉の解説

コレシストキニン‐パンクレオザイミン(cholecystokinin-pancreozymin)

十二指腸粘膜の細胞から分泌されるホルモン消化酵素に富む膵液すいえきの分泌を促し、また胆嚢たんのうを収縮させるので、胆汁排出が促進される。胆嚢の機能検査に利用。コレシストキニンパンクレオザイミンとは別個に発見され、その後同一物質と判明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android