コレシストキニンパンクレオザイミン(英語表記)cholecystokinin-pancreozymin

デジタル大辞泉の解説

コレシストキニン‐パンクレオザイミン(cholecystokinin-pancreozymin)

十二指腸粘膜の細胞から分泌されるホルモン消化酵素に富む膵液すいえきの分泌を促し、また胆嚢たんのうを収縮させるので、胆汁排出が促進される。胆嚢の機能検査に利用。コレシストキニンパンクレオザイミンとは別個に発見され、その後同一物質と判明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android