コロザメ(読み)ころざめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロザメ
ころざめ / 胡爐鮫
angel shark
[学]Squatina nebulosa

軟骨魚綱サメ目カスザメ科に属する海水魚。本州中部地方以南の日本各地から南シナ海にかけて分布する。体がエイのように扁平(へんぺい)であるが、鰓孔(さいこう)が体の側面にあることで明瞭(めいりょう)に異なる(エイ類は体の腹面にある)。日本近海には近似種のカスザメS. japonicaが分布するが、コロザメはカスザメより胸びれの外角がかなり鈍角をなすこと、腹びれの後端が第1背びれの起部にほとんど達すること、などの特徴で識別される。全長3メートル近くになる。卵胎生。練り製品の原料となるほか、粗い皮膚は、はがして刀剣の柄(え)巻きにされたり、滑り止めなどに利用される。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコロザメの言及

【カスザメ】より

…英名は胸びれの形からmonkfish(修道士の服装に似た形の魚)またはangel shark(天使の翼のように胸びれの広がったサメ)という。カスザメ科Squatinidaeには日本近海にカスザメとコロザメS.nebulosaの2種がいるが,カスザメでは胸びれの外角が直角よりやや大きめであるが,コロザメでは120度以上開くことで区別される。本州中部以南の浅海に生活する。…

※「コロザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android