コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コワンユワン(広元)特別市 コワンユワンGuangyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コワンユワン(広元)〔特別市〕
コワンユワン
Guangyuan

中国西南地方,スーチョワン (四川) 省北端,シェンシー (陝西) 省との境に連なるミーツァンシャン (米倉山) 山脈の南斜面にある特別市。3つの市区と4県から成る。チヤリン (嘉陵) 江の水運の上限にあたり,古くからスーチョワン盆地とウェイ (渭) 河平原 (関中盆地) を結ぶ交通の要地として知られた。魏晋南北朝時代から州や路の治所となり,明代には一時広元府の府治であった。パオチョン (宝成) 鉄道が通っている。農産物は雑穀と綿花が主。鉄の埋蔵があり,鉄鋼工場がある。唐から五代にかけて刻まれた千仏崖がある。人口 287万 7605,うち市区人口 85万 9991 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android