コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンクリート・ポエトリー concrete poetry

翻訳|concrete poetry

1件 の用語解説(コンクリート・ポエトリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンクリート・ポエトリー【concrete poetry】

具体詩。言語には意味,命題,文脈,比喩等の文法的・修辞的要素のほか,音声の聴覚性と文字の視覚性がある。近代詩象徴主義以後,言語の視聴覚的要素の喚起力と物質的エネルギーを回復しようとし,シェーアバルトモルゲンシュテルンの音響詩,未来派の自由話法,ダダの抽象詩,物体詩,同時詩などの実験を生んだ。これらが,カンディンスキーやビルMax Bill(1908‐94)の〈具体芸術(コンクリート・アート)〉,イズーIsidore Isou(1925‐ )らの〈レトリスムlettrisme〉に媒介されて,第2次大戦後,言語を文法や意味から自立させ,裸形の物質として時間と空間,世界構造へと解放するコンクリートポエトリーの運動となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンクリート・ポエトリーの関連キーワード文脈製品-市場間文脈意味論言語政策対象言語比喩命題欧文脈言語に絶する品詞論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone