コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンサアタル consertal texture

1件 の用語解説(コンサアタルの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

コンサアタル

鉱物の組織で,同程度の粒度で不規則な形の結晶が互に接して組み合わさり,空間を埋めつくした組織.二つの結晶の境界が重なり合って薄片では刻み目が入り鋸歯状に見える組織[Cross, et al. : 1906, Iddinngs : 1909, Niggli : 1954].suturedも同じ意味で使われる.ラテン語でconsertumは互いに接合するの意.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンサアタルの関連キーワード海綿状組織粒度泥粒団縫合状グラノシストーズ真珠岩質組織花崗岩状組織微花崗岩質組織斑状間粒組織セリエイト組織

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone