コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌスのバシリカ Basilica di Constantino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌスのバシリカ
Basilica di Constantino

古代ローマ市の中心であったフォールム・ロマーヌム (→フォールム ) に残るバシリカ。4世紀前半,マクセンチウス帝が起工し,コンスタンチヌス帝が完成。長さ 100mで幅 76m。天井に3つの交差ボールトをもつ長方形の建物で,内部は主廊と左右の側廊から成る。現在その側廊の一部が残る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android