コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンティーヌ県 コンスタンティーヌConstantine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンティーヌ〔県〕
コンスタンティーヌ
Constantine

アルジェリア北東部の県。県都コンスタンティーヌを中心に東西,南北それぞれおよそ 140km。地中海から南へ,肥沃なコンスタンティーヌ平野を越えて,テルアトラス (アトラステリエン) 山脈に達する。主要産物は穀類,コルク,タバコのほか,スキクダ (旧名フィリップビル) では化学肥料,県都では繊維,加工食品,機械などが生産される。主要都市はほかにジジェル,アインベイダなど。古代ローマ時代にさかのぼる由緒ある地方。遺跡も多い。面積1万 9580km2。人口 66万 4303 (1987) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンスタンティーヌ県の関連キーワードアバス(Ferhat Abbas)カミュ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android