コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンソ Konso

デジタル大辞泉の解説

コンソ(Konso)

エチオピア南部の町。アルバミンチの南方約90キロメートルに位置する。少数民族のコンソ族による石壁造りの段々畑と要塞化された集落があり、2011年、「コンソの文化的景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。また、初期人類の化石が出土したことでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コンソの関連キーワードインサート [insert] <録音用語>フェーダー [fader] <録音用語>マスター・フェーダー<録音用語>エンジニア[engineer]コンソーシア(コンソーシアム)プリ・フェーダー<録音用語>サーバーコンソリデーションランゲージ・ラボラトリーITコンソリデーションパックスコンソルティスWWWコンソーシアムブロークンコンソート図書館コンソーシアムウェブマスターツールソフトバンク[株]ほっくりつぶじゃがミヤマダイコンソウ大学コンソーシアムパクスジャポニカホールコンソート

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンソの関連情報