コンドル ジョサイア(英語表記)Conder Josiah

20世紀日本人名事典の解説

コンドル ジョサイア
Conder Josiah

07の建築家 帝国大学名誉教授。



国籍
イギリス

生年
1852年9月28日

没年
1920年6月21日

出生地
ロンドン

学歴〔年〕
サウスケンシントン美術学校,ロンドン大学(建築学)

学位〔年〕
工学博士〔1915年〕

主な受賞名〔年〕
ソーン賞(英国王立建築学会)〔1876年〕

経歴
ゴシック様式の建築家バージェスに師事。1877年(明治10年)御雇外国人として来日工部大学校(のち帝国大学工科大学、東大工学部の前身)造家学科教師に就任、辰野金吾、曽根達蔵、片山車熊など多くの建築家を育て、日本の近代洋風建築の基礎を作った。一方、工部省営繕局顧問も兼ね、皇居造営事業や官庁集中計画にも参加した。1888年辞職し、わが国最初の設計事務所を開設、以後20年にわたって多くの洋風建築を設計した。代表作に「築地訓盲院」「東京帝室博物館」「鹿鳴館」「有栖川官邸」「ニコライ堂」「海軍省庁舎」「三菱1号館」「三井倶楽部」「旧岩崎家住宅洋館」などがある。著書に「造家必携」など。また来日4年目に日本女性と結婚し、生涯を日本で過ごした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android