コンビナトリアル・バイオエンジニアリング(読み)こんびなとりあるばいおえんじにありんぐ(英語表記)combinatorial bioengineering

知恵蔵の解説

コンビナトリアル・バイオエンジニアリング

コンビナトリアル・ケミストリーとバイオテクノロジーの融合技術。コンビナトリアル・ケミストリーは、多種類の物質を同時に網羅的に最少量合成し、目的物を探し出す材料探索法。コンビナトリアル・バイオエンジニアリングでは、網羅的な物質の合成にDNAとたんぱく質合成系を用いる。DNAの塩基配列を変えることにより多種類の新規たんぱく質を合成し、新しい機能を示すたんぱく質や、これらのたんぱく質と相互作用する医薬品などを探し出す。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android