コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビナトリアル・ケミストリー combinatorial chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンビナトリアル・ケミストリー
combinatorial chemistry

多種類の原料物質を同時に組み合わせ,ペプチド有機物など化合物を一度に数多く合成する技術。医薬品や農薬,新素材など,多種の化合物を合成し,そのなかから目的にあった性質の物質を選び出す手法をとる分野で,従来より効率的な開発が可能となった。試薬の添加や混合,生成物の単離精製などの手順の自動化,膨大なデータを高速で処理できるコンピュータデータベースといった技術革新により実現された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンビナトリアル・ケミストリーの関連キーワードコンビナトリアル・バイオエンジニアリング

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android