コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンフォーミズム(英語表記)conformism

翻訳|conformism

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンフォーミズム
こんふぉーみずむ
conformism

訳語は画一主義、公式主義、順応主義など。ラテン語conformis(同じ形)が語源。いわゆる体制順応主義で、社会の伝統、慣習に唯々諾々と従うこと。道徳、宗教、社会思想において年齢がかさむにつれてこの傾向に陥りやすく、進歩主義との戦いの連続が文化、文明の軌跡をつくっている。新しい思想家はコンフォーミズムへの反逆であり、異端、アウトサイダー的指向を生む。この語はイギリスの宗教改革とかかわり、イングランド教会に順応するコンフォーミストに対し、バプティストやメソジストをノン・コンフォーミストといった。1950年代アメリカでマッカーシズムと保守主義の確執に際し、無関心な知識人をこの名でよんだ。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android