コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプトニア Comptonia

世界大百科事典 第2版の解説

コンプトニア【Comptonia】

双子葉類ヤマモモ科Myricaceaeの1属。コンプトニア属の現生種は1種だけで,北アメリカ東部に分布し,落葉性の小灌木である。第三紀中期には北半球に広く分布し,ヨーロッパでは中新世後期まで,日本では鮮新世初期まで生き残った。葉は披針形のものが多く,小裂片に分かれシダの羽片に似る。また,各裂片には2~4本の側脈が主脈から直接に出る。日本では中新世中期の台島型植物群に多産。コンプトニア‐リクイダンバーComptoniaLiquidambar植物群として知られている裂片が16~20のC.yanagisawaeが常磐炭田白水層群の漸新世から,11~16裂片のC.naumanniiが秋田県打当(うつとう)層の中新世から,7~11裂片のC.kidoiが山形県折渡(おりわたり)層の鮮新世前期から報告されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コンプトニアの関連キーワードコンプトニフィルム台島植物群

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android