コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主脈 シュミャク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐みゃく【主脈】

山脈・鉱脈・水脈などの中心となるもの。
植物の葉の最も太い葉脈。葉身中央を縦に走るものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅみゃく【主脈】

鉱脈・山脈などの中心になるすじ。
植物の葉身の中央をたてに貫く太い葉脈。中肋ちゆうろく
▽⇔ 支脈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主脈の関連キーワードバインハル(巴顔喀拉)山脈バヤンオボー(白雲鄂博)マハーバーラトレク山脈セールトレネラーグ県サイゴクミツバツツジダハシュタイン山地クマヤナギ(熊柳)セルカーク[山脈]サザンカ(山茶花)グロッソプテリスコチャバネセセリバヤンウルギー州ムクノキ(椋)アフェランドラシバーリク山脈セントラル山脈ウツボカズラパルワーン州カリブー山脈アラスカ山脈

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android