主脈(読み)しゅみゃく

精選版 日本国語大辞典「主脈」の解説

しゅ‐みゃく【主脈】

〘名〙
山脈水脈鉱脈などの中心となるもの。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「本州東北の火山に二主脈あり」
植物中央を走る最も太い葉脈。単子葉類の主脈は枝分かれしない場合が多いが双子葉類では分かれて側脈をつくる。中肋(ちゅうろく)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主脈」の解説

しゅ‐みゃく【主脈】

山脈・鉱脈・水脈などの中心となるもの。
植物の葉の最も太い葉脈。葉身中央をに走るものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android