主脈(読み)シュミャク

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐みゃく【主脈】

山脈・鉱脈・水脈などの中心となるもの。
植物の葉の最も太い葉脈。葉身中央を縦に走るものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅみゃく【主脈】

鉱脈・山脈などの中心になるすじ。
植物の葉身の中央をたてに貫く太い葉脈。中肋ちゆうろく
▽⇔ 支脈

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報